◇MASAMUNE スピーカーケーブル N1-Sp





弊社スピーカーケーブルのリファレンスシリーズに位置します。
大型ハイエンドシステムを想定し設計いたしました。
他に類を見ない解像度・情報量・高い鮮度感・ワイドレンジ、低域のスケール感を獲得し
ケーブルの存在感を消すことを目標に開発いたしました。

スピーカーからの迫力のある低域を実現するには、多くの電流を流す必要があります。
その為には、より多くの導体量が必要となります。

しかしながら、単純に太い銅線を用いるだけでは、表皮効果の影響で
使用した導体量の割に、多くの電流を効率よく伝送する事が出来ません。

そこで表皮効果を最大限押さえ込む為、多くの芯線を用いて導体量を確保しつつ、
各絶縁体を1mm以下の厚みとする事で、表皮効果を可能な限り排除する設計を用いています。
その結果、低域方向の沈み込みと量感、解像度を得ることに成功し
迫力のある低域を実現しました。

各配線はプラス側とマイナス側で、それぞれ対になるよう配置することで
耐ノイズ性を高めました。
低域用には高域用と比べて倍の導体量を確保し一体化させ使用しています。

この構造は同一の導体をより合わせている為、対ノイズ耐性だけでなく
震動面に於いてもキャンセル効果を発揮します。

更にケーブル自体が発生する微震動や外界から受ける震動に対しては、
特殊素材を複数組み合わせることで効果的に減衰させ
音質に与える影響を大幅に低減させる事に成功しています。
導体にはオーディオ用途として設計された高純度銅線を採用しています。

絶縁被覆には誘電率に優れたポリプロピレン樹脂を採用し、
導体に悪影響与えず、経年変化にも十分配慮した素材を採用しています。
耐久性に優れ、安定した特性を長期に渡り保持いたします。

加えて、異なる帯域に効果のある特殊素材を複数組み合わせることで
ケーブルの静電容量増加に伴う高域の落ち込みを抑え、高域の自然な伸びと高い質感を獲得しています。
聴感上では中低域も含めた全帯域に良好な効果を発揮しています。
リファレンスラインであるMASAMUNEでは特殊素材全てを全面に配置し、聴感上極めて良好な結果を得ています。

MASAMUNEシリーズでは、音楽信号伝達を阻害するノイズや歪み成分に囲まれた接続環境において、
音質への影響を与えず比類無い効果を発揮する広帯域非磁性特殊積層電磁波吸収材を全面配置。
更には、効果的な場所に追加配置することで、従来の方式では到達出来なかった対ノイズ性能と音質の両立。
新たな高みへと導く揺るぎない音質を環境に左右されない安定性とともに実現しています。

更に、情報量の損失音質の低下を極力抑えるためBriseaudio独自開発の多層構造を採用。
素材配置や方向性など独自のノウハウを用い最適化を行っています。
その結果、幅広い帯域で聴感上においても劇的な効果を得られました。
(ケーブルの種類によって素材の変更・巻きの最適化を行っております。)

MASAMUNE スピーカーケーブル N1-Spは、
他の追随を許さぬ圧倒的なノイズフロアの低さ。
地から沸き上がってくる程の量感と沈み込み、表情豊かな低域。
揺るがない広大な空間表現。高い解像度を持つ高域。それらが正確な音像を結び
圧倒的なまでのリアリティを実現しました。超ハイエンドシステムの際限のない要求に
衝撃と感動をもってお応えします。

MASAMUNE スピーカーケーブル N1-Spは設計上
大口径ウーハー搭載機(ウーハー径25cm以上)へのご使用を推奨いたします。

※標準仕様は音質優先の為、OFC製の銀メッキ+ロジウムメッキ Yラグを圧着加工にて採用しています。
※バナナプラグにも対応可能です。


※MASAMUNEシリーズの基本構造図になります。ケーブルの種類や音質傾向によりアレンジを加えております。


品名
MASAMUNE N1-Sp
導体
高純度銅導体
断面積
0.20mm/19本 × 12芯 + 0.18mm/12本 × 16芯
導体構造
6対+8対の多同芯ツイストペア構造
構造
11層円筒構造(各層補完巻き)
絶縁
高純度ポリエチレン樹脂
遮蔽
広帯域非磁性特殊積層電磁波吸収材+多種防振材+多種特殊素材+絶縁層
端末
OFC Yラグ(端子素材・一体型αOCC(高純度銅)ピン打ち抜き。 表面処理:非磁性ロジウムメッキ)
価格
1.2m Pair ¥900,000 /  0.1m 延長毎に¥100,000の追加価格はすべて税別となります。  

※貸し出しサービス受付中
【弊社ケーブルのご試聴に関して】
 先日残念ながら弊社試聴用ケーブルが盗難&中古取扱業者様に売却されてしまった件を受けまして、弊社では特に高額ケーブルのご試聴機に関しまして弊社ロゴを廃し試聴ケーブルと記載したラベルを貼り付けるように改めました。外観も含めて製品版と同じものをお届けしたいのが本意ではございますが、先ずはご試聴頂くことが弊社ケーブルにとって最重要と考え、不本意ではございますがこのような形をとらせて頂いた上で今後もご試聴ケーブルのレンタルを続けたいと思います。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。